タイと日本とを行ったり来たりしている夫。
離れているときは、電話もよこしませんし、用事以外は、
ラインもしてきません。
ただ、フェイスブックを上げているので、何をしているかはお互いわかっています。

夫のフェイスブックを見ていると、毎日、まぁ忙しく過ごしている。
元々、家でじっとはしていられない、仕事大好き人間だったので、
病気になったからって、じっとしていない。
抗がん剤の副作用で痺れがひどくなったということですが、
とにかく、家でじっとしているのは良くないと思っているらしく、
昨日は、大学のOB会の忘年会。
今日は、上野のゴッホ展からの地元の同級生との忘年会。
食べ物ものりますが、ハンバーグ、鰻、とんかつ、とカロリーオーバーなんじゃ?物
ばっかり。なので、中性脂肪基準値外、かなり高い。
青汁飲んで欲しいな、とオススメすること数ヶ月。
青虫じゃねぇだから、そんなに飲めねぇ、と言うことですっかりオススメやめました。
ほんと、なんでも俺様流。嫌なものは嫌。
勝手な解釈得意なので、自分が納得しないと行動を起こしません。
私は、彼が飲まないということで、せっせと自分が飲んでいたら、
中性脂肪基準値外の高めだったのが、「60」という数値になっていて、びっくり。
青汁様様です。

で、彼が納得して行っていることと言えば、温熱療法もどきの、銭湯などで温まろう作戦。
暇さえあれば、銭湯やラジウム温泉に出かけています。
それも、抗がん剤打った日まで。(とほほ)
それいけないんじゃないの?と言っても、まったく言うことを聞きません。
あとは、漢方薬を飲む事のみ。
そして、好きな物食べて、好きなことする。
日本にいるときも野菜多めでお願いします、と伝えても、知らん顔。
タイにいるときも気に入らない野菜だと残す。
朝は野菜とフルーツのスムーシーがいいらしいよ、と言っても知らん顔。
そして、彼がすごくいいと思っている治療法は、タイと日本を行き来すること。
タイに来た時には、犬たちと戯れ、ゴルフをして、楽しく過ごす。
暖かいから絶対身体にいい!と。
これくらいです。

なのに、東京の結構有名な病院(ブロガーさんたちが結構行っている病院)で、
一番抗がん剤が効いている患者さんです、と言われ、
新たな良い症状も見受けられ学会で発表されたりしている。

不思議でしょうがない。
みなさん、色々試しているらしいのですが、それを試して欲しいと思っても、
言うこと全然聞いてくれないので、どうにもならないのが現状。
血液検査の数値も、先生が「いいですね!」と言えば、それで良し!と。
私から見ると気がかりな数値もあるのに、ぜ〜んぜん調べようともしません。
先生におまかせするしかないだろう?まな板の鯉なんだから、と。

友達(元々は夫の友達)は、どうやっても根治がない病気で、先は長くないんだから、
もう何食べても、何してもいいんだよ。
気持ち良く過ごさせてあげるのが一番だよ、と言う。

でも、夫は根治も夢じゃないと思って挑んでいるし、
私も死んでしまうような気がしていない。

4月に、抗がん剤しなければ3ヶ月の命でしょう。
5年生存率は考えないでください、と言われたけれど・・・

そんなのウソな気がしてなりません。











[PR]
by SmileSkySea | 2017-11-26 22:46 | ひとりごと | Comments(0)

CRP定量とLDの数値

月曜日の血液検査で高い数値だったのが、
「CRP定量」と「LDの数値」。
調べてみると、CRP定量は炎症や感染症の数値。
LDは、肝機能の数値。
なのに、すごい勢いで動き回っているのです・・・。
ちょっとはセーブしてゆっくりすればいいのに。
来週の火曜日にタイに帰ってきますが、
その日は、空港から直接部下の送別会に出席。
その翌日は、バンコク朝の8時発の便でシンガポールと
インドネシアに2泊3日で。最終日、自宅に帰ってこれるのは、
夜の10時近く、なのにもかかわらず、翌日は、家を朝の6時出発で
バンコクのゴルフ場へ。(自分の大学の先輩がバンコクにやってくるため)
そして、その後、バンコクで夕食まで食べて帰宅。
これが来週の予定です。
4月に無治療なら3ヶ月の命と言われた人とは思えないスケジュール。
もうちょっとスケジュールをセーブしればいいのに、
どんどん自分で入れてしまう。
そして、私に付き合って欲しいという・・・送別会、シンガポール、
バンコクのゴルフ、全部帯同です・・・とほほ。
私は、これプラス、バンコクで夕食食べた翌日には、
朝4時出発でシンガポールのトーナメントに向かう息子を空港に送ります。
考えただけで、来週どう乗り越えたらいいのか?って感じです。
その上、今週末は、子供の学校の大きなイベントがあり、PTAの私は、
すでに、準備でてんやわんやの上に土曜日は1日スタッフとして動き回ります。
は〜、今日だけでも早く寝よう。

[PR]
by SmileSkySea | 2017-11-22 23:08 | 症状 | Comments(0)

病院、病院、病院

月曜日、無事、血液検査も問題ない範囲で、抗がん剤治療ができた夫。
低かった白血球の数値は基準内。
ただ、ちょっとだけ数値の悪いものもあり、私は気になりますが、
少し範囲外なだけで、問題ない範囲ということ。

それにしても、我が家、病院ばかりです。
娘が退院した翌日の日曜日は、犬の目が腫れていて動物病院。
動物病院は、娘の病院の目の前、ということは、またまた往復60キロ
かけて行ってきました。

そして、昨日、火曜日は、はじめたばかりの娘の矯正器具が取れたーーーー。
で、今朝は、これからまた歯科。
歯科は入院してた病院の中にあるので、これまた往復60キロかけて
行ってきます。

ちなみに、月曜日は、私の歯科(日本で治療したのに、治ってなかったという悲劇)、
もちろん、同じ歯科なので往復60キロ。
一旦戻って、息子のゴルフの道具の調整にまた往復60キロかけて町へ。
この日は、合計120キロ。

距離との戦いは続きます。

[PR]
by SmileSkySea | 2017-11-22 10:12 | ひとりごと | Comments(2)

また繋がったー

奥様が膵臓がんでその奥様を支える旦那様。
その旦那様はご近所さんらしいという。
昨日もその方のブログを読んでいたら、
な、なんと、夫とゴルフのメンバーコースが一緒。
我が家は、そこのゴルフ場3つのメンバー。
絶対、どこかですれ違っていそうです。(笑)
ゴルフ場とかクラブハウスとか。
親近感湧いてしまいます。



[PR]
by SmileSkySea | 2017-11-21 08:44 | ひとりごと | Comments(0)

子供の入院

ラオスから帰ってきた娘。
調子が悪い、と。
ただの風邪だと思い、ゆっくりしてたら大丈夫だろうと、
ほっぽらかしてしまいました。
そうしたら、水曜日、耳が聞こえないし、変な音がする、と。
鼻の上もすごくいたくて、頭痛がする、と。
それでも午前中どうしてもやらないといけないことがあり、
午後一で連れて行くと・・・
ひどい副鼻腔炎からの両耳内耳炎。
ここまで来ると、点滴から抗生剤入れないとダメです、と先生。
食中毒でも、なんでも、タイやアジアの菌は強いです。
私は、3回食中毒になり入院。
3回目は、腸内出血型のもので、腸が切れるときの痛さは陣痛以上で、
その痛さの後、腸が切れるわけで出血・・・死ぬかと思いました。
そして、困ることが、病院が遠い。
日本人が行ける、ちゃんとした病院が我が家の近所には3つあるのですが、
その3つが3つとも我が家から30キロ離れた場所。
往復60キロという距離。
遠いのです。
今回も、1日2往復。合計120キロ。
娘の様子を見つつ、一旦帰り、息子と犬の世話して、夜戻り、
娘の部屋に泊まり。
朝5:30起きで家に帰り、犬の散歩と息子を学校に送り出し、
その後、色々用事したりしてから、また病院への数日。
娘は、夜来なくても1人で大丈夫、と言うのですが、
前回、検査もせず、ペニシリンを使われ、大変なことになったので、
(娘はペニシリンのアレルギーで、発疹、心臓がバクバク、目が見えなくなるなどなど)
で、大変なことになったので、一応毎日泊まりました。
日の出が遅いタイなので、真っ暗の中、家に向かって車を走らせているときに、
なんだか切なくなりました。
私が具合悪くなった場合、夫が運転して、私をいつも病院まで連れて行ってくれていました。
そして、家族の世話をしてくれていました。
その夫が、不在のことが多くなった今、私が倒れるわけにはいかず・・・
ただ、予期せぬこともあるわけで・・・
でも、他の家族がいるわけじゃないので、すぐにお願い!ってできずらい・・・
これから、どうしたらいいのだろうか?としばし、途方に暮れてしまいました。
考えてもしょうがないことは考えないほうがいいよ、と子供たちは言います。
そうそう、子供が大きくなって、ある程度頼りがいがあるのです。
随分と助けられています。
大変な状況の中、自分たちがしなければならないことをきちんとしてくれています。
ありがたいです。


[PR]
by SmileSkySea | 2017-11-17 21:36 | 困ったこと | Comments(0)

アレルギーとの関係

まったく素人考えもいいところなんですが・・・
ちょっと気になる事があるので書き留めます。

夫は、ひどいアレルギー持ちでした。
日本にいたときも、こっちに来てからも。

アレルギーは免疫疾患の1つでもあるので、
アレルギーがひどい人は、インフルエンザにもかからず、
普通の病気はしないと聞いたことがあります。
ウィルスなどが身体に入って来ると、
免疫力が働き、ウィルスを食べちゃうと。
アレルギーが酷い人は、癌にもならないらしい、と。
なっても、小さい段階で免疫力がぐーっと働き消えちゃうんだ、と。
本当か?ウソかはわかりませんが。

そんなアレルギーがひどい夫は、1度もインフルエンザにかかったこともなく、
風邪もひかない人でした。
頭痛も生まれてこのかたなし。

娘もひどいアレルギーなんですが、
クラスの全員がおたふく風邪になったときもならず、
弟が水疱瘡になったとき、一緒にお風呂入っても、
隣で寝てもならず、
過去何度もインフルエンザで学級閉鎖になっても、
かかったことがありません。

思えば、その夫が、3月に日本に帰るときに、
私がマスク持った?アレルギーの薬、
飛行機下りるときに飲んだほうがいいよ、と伝えると。
アレルギー治ったみたい。
全然、なんともないんだよ、と言ったのがこの春。
去年くらいから大丈夫なんだよ、と。
へー、そんなことあるんだねぇって思っていたところ・・・
病気が発覚。

アレルギーが無くなったとたんの癌発覚。

やっぱり、アレルギーがあったほうが癌にはならなかったんじゃ?とか
ふと思っています。
まったく素人考えの、私の勝手な推測でしかないんですが・・・。


[PR]
by SmileSkySea | 2017-11-14 16:43 | ひとりごと | Comments(2)

血液検査結果きたー

昨日、タイから日本に戻った夫。
今日は抗がん剤の日です。
血液検査が終わると結果をラインで送ってくれます。
今日は1ヶ月に1度のCEAとCA19-9の出る日。
どきどきしながら待っていると、ラインが来た来た。
CEA 1.9 (前回1.3)
CA19-9 7(前回8)
良い数字。
白血球も正常値。
赤血球も若干基準値下ですが、ホントに若干。
タイにいるうちに顔色が本当に良くなっていたのですが、
やっぱり数値にも繁栄されています。
担当医の先生の患者の中で一番薬が効いているとのこと。
また、不思議にも、途中から髪の毛が生えて来ている。
そして、生えてきてるのに、薬が効いているという不思議。
ちょっと心配になり、効いてみました。大丈夫なのか?
そうすると、血液検査もCTも問題ないので効いているということです、と。
こういう人ははじめてなので先日大きな学会で報告しました、と先生。
また、半年過ぎると耐性ができて、抗がん剤が効かなくなる人が多く、
そうするとフォリフィリノックスに変更する方が多いらしいのですが、
7ヶ月目に入ってもまだとても効いているので、
先生としては、このまま1年これを続けてから手術をしたいというのが
先生が描く方針のようです。
手術も合う、合わないがあり、微妙ですが・・・抗がん剤を続けるのも
限界がある・・・
やってみるしかないなぁと思っています。
それにしても、膵臓がんは、どうして、治療の幅がこんなにも狭いのでしょうか?



[PR]
by SmileSkySea | 2017-11-13 11:55 | 抗がん剤 | Comments(0)

良かった〜

タイに戻ってきて早々顔色が悪かった夫。
え?黄疸?と思ってしまって、友達に見せて相談したところ、
貧血の顔だとわかって。ほっ。
ま、貧血も困ったことなんですが・・・。
ただ、それが、タイにいるうちにみるみる良くなってきました。
日本とタイを往復して、抗がん剤治療、闘病している人は稀だと思うのですが、
彼には、すごく良い影響を与えているようです。
一昨日も、ゴルフ、昨日は息子のトーナメント最終日を観戦、その後、
引退する部下のご夫婦をパタヤのディナーにご招待して、夕食、
そして、今朝早く、日本に向かいました。
もうすぐ飛行機が離陸する時間です。

昨日は、久々に息子のゴルフのジュニアトーナメントを観戦。
年間通して勝ち進んだ子が出られる決勝トーナメントに外国人枠で参加。
4日間のトーナメントはタイでも稀。普通は、2日間のトーナメントが主です。
4日間と言えばプロと同じ。
体力も集中力も保つのが大変。
そんなトーナメントに挑んだ息子。
久々の観戦で、心配でしたが、まったく違うアイアンショットになっていた息子を見て感激。
え?こんな玉打てるようになっていたのか?!
レンジからだと落ちた球が見られないので、わかっていませんでした。毎日見てるのに。
アプローチもすごく上手で、これまた感激。
と、同時に沢山の課題も見えて来た大会でした。
とにかく、結果は、3位入賞!
良く頑張りました。
そして、その姿を夫に見せられたことが私にとってはとっても嬉しいことでした。
今まで息子のゴルフを見守って応援してきた夫。
しかし、トーナメントで頑張っても褒めない夫。
息子なりに頑張り、良い成績でも、頑張っても、褒めることなく、
プロと比較してダメなところを指摘する。
おいおい、まだ子供なのに、プロと比較してダメだしかい、と思っていた私。
それが、彼のアイアンショットやアプローチを見て、驚いたり、感激したり。
あのアプローチショットはプロでも打てないヤツいるぞ!
これはあいつも持ち味だ!などなど・・・
こんなこと聞くのはじめてです。
順位じゃなく、あいつがどう戦うか?未来のあるショットを打っているかが大事なんだ、と。
そうだよね、そうだ、そうだ。
男と女とでは考え方がやっぱり違います。
なので、やっぱり、夫の存在は大きく、大切。
とにかく、できる限り長く元気でいてもらいたいと思ったと同時に、
息子の夢、夫の夢を私は支えていかなくっちゃと思った日でした。



[PR]
by SmileSkySea | 2017-11-12 09:11 | ひとりごと | Comments(0)

ちょっと時間ができたので、思ったことを書いておこう。

先日、抗がん剤の治療の帰りに、すこぶる体調の悪かったらしい夫。
足のしびれが増して辛いらしいのです。
なので、普段は、足を上げていると楽らしく、そうしている夫。
で、地下鉄で、誰も立っていない、座っている人もまばらなので、
足をくんでいたらしいのです。1本づつでも上げていたほうが楽らしく。
そうしたら、いきなり40代後半の男の人がきて、足をはらい、
「足なんてくんでんじゃねーよ!」とやいのやいのと、
顔を夫の顔に近づけ、つば飛ばしながらわめいてきたんだそうです。
夫は、抗がん剤治療中で菌ももらいたくないので、頭突きで反撃。(笑)
とにかく、外に出ろ、と。
ホームで、自分の状態を説明。
しかし、ひどい相手。
こんなことがこの前あったそうなのです。
いつも思うんです。
電車で帰宅途中、前にもひどく具合悪くなったときがありましたが、運悪く
ラッシュ時。どうにも立っていられずに、次の駅で下りてベンチに座り、
それを2回繰り返したあげく、お金かかってもタクシーでそこから帰りましょう、
ということになりました。
だって、具合悪くても誰も席を変わってくれない。知らん顔。
もうすこしで倒れ込みそうで、私が、全力でささえてたのに、
近くの人も誰も気づかない。(気づかないふりじゃないことを祈る)
妊婦の方のバッチはわりますけど、抗がん剤治療中のバッチはない。
私は、これ絶対あったほうがいいと思うのです。
それを世に浸透させたら、もうちょっとがん患者が治療しやすくなるんじゃないかと。
すごい数の方々が通院で抗がん剤治療中です。
でも、それに気づかず、譲り合いの気持ちを持ってもらえないことがほとんど。
これからもっともっとがん患者は増えると思うので、それに伴い、バッチが必要だと
思うんですけどね・・・どうやったら、作れ、みんなに浸透させせられるのか?
調べてみよう。

[PR]
by SmileSkySea | 2017-11-09 17:42 | ひとりごと | Comments(0)

せっかく帰ってきたのに、先週の2日間は、彼にお付き合いできたのに、
息子のゴルフトーナメントやら、娘のバレーボールラオス遠征やらが重なり、バタバタ。
ちょっと気になる事あるんですけど、それは、来週書こうと思います。
ちなみに、忙し過ぎて、足くじくわ、それでころびガーっと擦りむくわ、
私、ボロボロです。

[PR]
by SmileSkySea | 2017-11-09 09:30 | ひとりごと | Comments(0)