この1年の抗ガン剤治療の日々を振り返ってみました。
オレ流の人ですから、これまた抗ガン剤生活もオレ流でした。

はじめて数ヶ月したころから痺れがではじめたこともあり、何かのイベント前(たくさんのゴルフ予定や旅を入れてるときなど)には自己判断で先生にアブラキサンの量を減らしてとリクエスト。
痺れがひどいときも減らしてとリクエスト。
先生もその都度わかりました〜、と減らしてくれていました。
ちゃんとフルで打たないで病気が悪化したらどうするんだろう?と私は思ったりしてましたが、本人はそんなこと思ってもみない。
副作用で目に異常が出たときも、きっぱり、アブラキサンやめます、と自分から。
肝臓への転移癌が消滅していたので、そこで先生も手術に考えを思い切ってシフトしてくださいました。
今考えるとこの自分のスケジュールや体調に合わせてのオレ流抗ガン剤投与が無理せずのスタンスで良かったのかなと思うのです。
ただ、言われるままに打つのではなく自分自身の身体の調子に合わせて先生に量の調節をお願いする。
何気なくやっていたことですが、これ大事だったんだなぁと1年を振り返って思います。
抗ガン剤は強いものなので、使い方次第で薬にも毒にもなりますから。

[PR]
by SmileSkySea | 2018-06-17 17:58 | 抗がん剤 | Comments(0)

CT検査と結果

本日、3週間ぶりの抗ガン剤治療からの
CT検査と結果。
3週間お休みしてたので、ドキドキでしたが、
腫瘍さらに縮小で、1.8cmに。
腫瘍マーカーも安定している、と先生。
CEA / 1.6
CA19-9/ 7
まだ2014年からしかデータなく…
こんなに効くこと稀でデータないんです、と。
(学会でも聞かない…と)
とにかく、効いているので、4月まで何もなければ抗ガン剤続投で、4月CT撮って、その後どうしていくか?そこで話し合いましょう、と先生。



[PR]
by SmileSkySea | 2018-01-15 16:39 | 抗がん剤 | Comments(0)

血液検査結果きたー

昨日、タイから日本に戻った夫。
今日は抗がん剤の日です。
血液検査が終わると結果をラインで送ってくれます。
今日は1ヶ月に1度のCEAとCA19-9の出る日。
どきどきしながら待っていると、ラインが来た来た。
CEA 1.9 (前回1.3)
CA19-9 7(前回8)
良い数字。
白血球も正常値。
赤血球も若干基準値下ですが、ホントに若干。
タイにいるうちに顔色が本当に良くなっていたのですが、
やっぱり数値にも繁栄されています。
担当医の先生の患者の中で一番薬が効いているとのこと。
また、不思議にも、途中から髪の毛が生えて来ている。
そして、生えてきてるのに、薬が効いているという不思議。
ちょっと心配になり、効いてみました。大丈夫なのか?
そうすると、血液検査もCTも問題ないので効いているということです、と。
こういう人ははじめてなので先日大きな学会で報告しました、と先生。
また、半年過ぎると耐性ができて、抗がん剤が効かなくなる人が多く、
そうするとフォリフィリノックスに変更する方が多いらしいのですが、
7ヶ月目に入ってもまだとても効いているので、
先生としては、このまま1年これを続けてから手術をしたいというのが
先生が描く方針のようです。
手術も合う、合わないがあり、微妙ですが・・・抗がん剤を続けるのも
限界がある・・・
やってみるしかないなぁと思っています。
それにしても、膵臓がんは、どうして、治療の幅がこんなにも狭いのでしょうか?



[PR]
by SmileSkySea | 2017-11-13 11:55 | 抗がん剤 | Comments(0)

本日3クール目の1回目

本日、3クール目の1回目の抗がん剤治療の為、
昨日、夫は日本に戻りました。
血液検査も無事良い数値でたぶん今頃抗がん剤を打っています。
前回、しびれが酷く、2クール目の3回目はジェムザールだけを打ったようですが・・・
さて、今日は、どうなっているのか?連絡待ちです。

タイ滞在中は、毎日7時に家を出て出社し、仕事をこなしていました。
週末は、ゴルフを2日間連続でやっていました。
副作用の足のしびれがあるとはいえ、元気は元気なのです。

食事も、私は糖質制限したいところですが・・・
本人曰く、「俺は糖尿病患者じゃない!癌なんだよ!」と最初の頃、食事制限をしようとしたら
激怒されたので、ストレスを与える方が良い方向にいかないかな、と気持ち切り替え、好きなものを食べてもらっています。
先日、彼と娘の希望でとんかつを食べに行ったときなどは、大きいさサイズを頼んでぺろり。
ビールも飲みますし、ほんと、食事は、特に気をつけたりしていないのです。

先生からも、最初の頃に、「○○さん(夫)はお酒飲みますか?」、「飲みます。いっぱいじゃないですけど。そこそこ」
「そうですか、飲んでもかまいませんからね。だから、どうってことはありませんから」と言われていたので、
夫は、見放されてるってことか?と思いつつも、ポジティブに、ま、いいって言われてるし、と前よりはペースダウンして、
毎日は飲まないものの、2日に1回くらいはビール。友達との会食のときには、ビール、焼酎、ワイン、日本酒、とあるものを飲んでいます。



[PR]
by SmileSkySea | 2017-10-16 14:32 | 抗がん剤 | Comments(0)

検査で肝臓に小さい転移が見られるために、手術不可能=ステージ4bということでしたので、
残る道は、抗がん剤しかない状況でした。

抗がん剤の種類やら、説明やらを効かされましたが、細胞検査の結果を聞きに行くと、
先生がおすすめしてくださったのが、アブラキサンとジェムザールの併用でした。
家から通えるし、多くの方にも効いているということだったので、夫は、それにします!と。
これにすれば、タイでの生活も諦めなくていいからです。

決める前に先生は、細かい説明もしてくれましたし、セカンドオピニオンを聞きに行く場合はすぐに書類も用意してくれる
とのことでした。威圧感ない先生で、私たちはこの先生にあたってラッキーだったと思っています。
なので、セカンドオピニオンは聞きません。こちらでお願いします、とお願いしました。

細胞検査をした入院中の4月に記念すべき最初の抗がん剤を打ちました。
吐き気もなく、食欲が落ちることもなく、髪の毛が抜けることもしばらくなく、ラッキーだな、という感じのスタートです。
髪の毛に関しては、結構長く抜けず、先生には、歴代3位に入る抜けなさですよ!と、変なランキングにインするという。(笑)
が、しばらくしたら、結構抜け始めたので、今は、髪を短くカット。
眉毛もまつげも抜けて、今では、イタリアンマフィア風の風格のある見た目になっています。(笑)

4月からはじめた抗がん剤。3ヶ月に1度CT検査をするのですが・・・
最初の検査のときの大きさは、膵臓がんが38mm、肝臓が10mmだった腫瘍が、
抗がん剤をはじめた最初の3ヶ月で膵臓が33mm、肝臓がほぼ見えないくらいに。
10月2日に受けた6ヶ月の検査では、膵臓が24mm、肝臓が完全に見えないという感じになっています。

最初先生には、腫瘍が小さくなるのが一番好ましいですが、そのままでもいいです、ゆるりでも悪くないです、
ただ、急に大きくなるのは良くないので、そのときには抗がん剤を変えます、と言われていたので、
小さくなるのは、嬉しい出来事でもありました。

ただ、いつまでも癌は負けてばかりでもないので・・・と先生。
そうですよね、最強最悪の癌と言われているものですから、そりゃ、そうですよね・・・。
ただ、今のところ、夫は、歴代5位以内の効きだそうで、ここでも変なランキングにインしています。(笑)

また、副作用は、吐き気、食欲不信は全くなく、ただ、足のしびれだけきています。
食欲は旺盛で、私より食べる、お酒も飲む(前よりは飲まない)を4月から現在まで続けているのに、血液検査の結果悪くないのが、本当に不思議です。



[PR]
by SmileSkySea | 2017-10-16 10:18 | 抗がん剤 | Comments(0)