空飛ぶオヤジが愛する日常

すい臓がんが発覚。
無治療なら3ヶ月と宣告され、
抗ガン剤やると決めて私が最初に思ったことが、
日本への帰国。
が、夫は違った。
さらりと「タイの生活は続けるから」って。
私、「?????????」
抗ガン剤やっても6ヶ月とかの人もいます、と先生。
和かに、穏やかに、静かに包み隠さず、事実だけを
キチン伝えてくれる先生です。
「痛みだけ弱いんですよ。いつから痛みそうですかね?」と夫が聞いたときも、CT結果見ながら、
「痛くないんですか?もう痛くなってもおかしく
ない感じなんですけどねぇ。」ニコ、でした。
そんななのに、タイ生活続けるって?!
治療は日本、治療お休みのときタイって風にするから、と。じゃ、私も行ったり来たりか?と思っていたら、
最初の数か月経った頃、もうだいたいわかって大丈夫そうだから、飛行機代もかかるし、君はタイでいいよ、と。( ̄∇ ̄)
え?余命短いかもの上に一緒にいられる時間短くなっちゃうの?!と思い、ひょえーっとなりましたが、一旦言ったら聞かない人なので、承諾。
去年9月からは、1人で行ったり来たり。
飛行機乗って抗ガン剤受けに行くという、
とてつもないことをやってのけている。
とにかく、今住むこの町が大好きなようで、
この生活は絶対諦めたくない!という強い気持ちが
彼を生かしているのかもしれません。

この町にはタクシーはなく、トゥクトゥクという
乗り物かバイクタクシーが庶民の足です。
私も最初の1年は市内だけれども外れに住んでいた
上に車がなかったので毎日トゥクトゥクを利用して
いました。
この風景が夫が愛する風景、捨てたくない日常
なのかもしれません。
b0387758_12000392.jpg

[PR]
Commented by SmileSkySea at 2018-01-13 10:57
> yamame930さん
コメントありがとうございます!
私のブログも大した内容ではないのですが、
普通の日常を綴りたいと思っています。
病気になっても、日常があるって伝えたくて。^_^
これからもよろしくお願いします〜。
by SmileSkySea | 2018-01-12 11:44 | 夫の日常 | Comments(1)